HTML5×CSS3 DOCUMENT WORKSPACE
 HTMLワーキンググループにより策定され次世代HTML標準になったHTML5及び新しく構造化文書を表現する方法として標準化されたCSS3を使用するサイト制作が主流となってきておりますが、当サイトではHTML5/CSS3草案より要素・構文の変更点や利便性・機能性の向上を確認していきながら次世代標準化仕様を広めていく目的でHTML5/CSS3を使用してサイト制作を行っております。
 当サイトにつきましては制作過程であり定期的に更新を行っております。誤表記や内容等の誤りにつきましては発見次第できる限り修正を図っていく意識で制作に取り組んで参りますのでご了承下さいますようお願い申し上げます。
HTML5 DocumentWorkspace Root > HTML5 Element -Phrasing content/Frow Content

HTML5 Element -Phrasing content/Frow Content

 HTML5で使用される新要素につきましてはメインページで記述いたしましたが、新要素及びフローコンテンツに属するフォーム関連要素をここでは更に各要素について詳細に説明を行っていきます。

 HTML5による新要素についてW3Cによる詳細をご確認したい方は次のサイトよりご確認ををお願いします。

W3C - The Markup Language (an HTML language reference)

progress

progress要素はhtml5からの新属性でタスクの進捗状況を示す場合に使用します。同じ様に使用される要素としてmeter要素がありますが、progress要素は進捗状況や割合を示す場合に使用されるのに対し、meter要素は最小値、最大値を指定した数値を示す場合に使用されます。

以下、例文を記載します。

進捗状況 : 半分


meter要素

meter要素は最小値、最大値を指定した範囲内での数値を表す場合に使用されます。要素固有のコンテンツ属性として以下のとおりです。

meter要素のコンテンツ属性

value
ゲージメーターが示す数値であり、必須です。
min
ゲージの最小の値であり、指定がない場合は0を示します。
low
低領域の上限を示します。低領域の範囲を設定したい場合に使用されます。
high
高領域の上限を示します。高領域の範囲を設定したい場合に使用されます。
max
ゲージの最大の値を示します。
optimum
ゲージの最適の値を示します。指定がない場合はmin、maxの中間の値となります。

メーターゲージ : 75%


range要素

range要素は指定範囲に数値を設定するためのコントロールとして使用されます。range要素のコンテンツ属性はmin・maxがありますが、未指定の場合は最小値0、最大値100の範囲を表します。以下、例文です。


設定値 :


mark要素

mark要素はフレージングコンテンツに属しhtml5新要素です。コンテンツ内のテキストと区別するためにハイライトをして表示をします。

今月の目標:効率的なスケジュール管理の実施